FXは損切りを恐れず、小さく損して大きく得取れ!【Jailbroken】

損切りを行う事で損を小さくし、次の取引へとつなげていくことが何よりも重要です。 - 損を恐れる事は大損につながるという時の2つの意味合い

アーカイブ

損を恐れる事は大損につながるという時の2つの意味合い

FX取引では、「損失を極度に恐れる事は大損につながる」という意見があります。それには2つの意味合いがあります。
1q0nd7aw6jz4まず、損切りができないという恐怖です。ご存知のように、バイナリー オプションというのはリスクは有ります。
リスクがあるという事は、損切りをしなければなりません。それは多くの人々は分かっています。
たとえば1000円の含み損が発生したとします。この時に損切りをしておけば、被害は1000円だけで済みます。
ところが、損切りをしないと被害が拡大してしまう可能性も大いにあります。この時に、人によっては「もう少し待てば、きっと価格が元に戻る。今損失を確定してしまうと、損になるのが怖いので損切りをしない」という考え方をしてしまうのです。
ですが、そういう考え方をすると大抵大損につながります。損が拡大するパターンの方が圧倒的に多いからです。
これが1つ目の意味合いです。
もう1つの意味合いは、「損を過剰に恐れるあまり取引ができない」というケースです。今まで何度か大損を経験した人に有りがちな話です。折角のチャンスなのに、大損になってしまうのが怖くて取引ができないというケースなのです。
しかし、FXでは時には大勝負を仕掛ける事も重要です。取引をしなければ、利益も発生しないからです。
以上2つが私が冒頭で書いた事の意味です。
まあ前者のパターンの方が圧倒的に多いものです。損切りをするというのは、お金を守るためには重要な行為です。損が確定するのは怖いかもしれませんが、そこはしっかりと見切りを付けるように心がけたいものです。

集中するべき時はしっかりと集中するのが重要

FXでは、集中力は絶対に求められるものです。集中力が欠落している状態でバイナリー オプションやFX取引をすると、たいてい痛い目にあいます。
特に短期売買では集中力は極めて重要なものと言えます。短期売買をするとなると、チャートを見ない訳にはいきません。チャートを見る時には、価格分析に頭を使わなければなりません。
その際には、決して注意力散漫の状態で見てはなりません。やるべき事をしっかりとやるべきなのです。
チャートを見る時には、決して「ながら作業」で見ないようにしましょう。いろいろなテクニカル分析を利用して、きちんと集中するべき事に集中するべきなのです。
o0agro1tzrlojd
とある凄腕トレーダーによると、FXでの勝ち組と負け組を分けている要素は上記の集中力なのだそうです。
負け組トレーダーは、意気込み過ぎなのだそうです。何が何でも稼いでみせようと、気合だけはしっかりと入れてFXに臨みます。
ところが、肝心のテクニカル分析が抜けているのだそうです。
勝ち組トレーダーは、その分析はしっかりと集中しています。意気込みをするというよりも、淡々とチャートの分析をして目の前の集中するべき事に集中しているのだそうです。
つまり、力の入れる対象が異なるという訳です。
以上から、FXで利益を出そうと思うのならばきちんと値動きに集中をする必要があります。そしてもう一度書きますが、「ながら作業」はいけません。きちんとメリハリを付けて仕事をするというのはサラリーマンにとっても重要ですが、それはFX取引においても同様に重要な概念という訳です。

FXなら!楽天 FX | 楽天証券
FXなら!楽天 FX | 楽天証券

FX会社

GMOクリック証券 - FXなど投資を身近にもっと便利にするネット証券会社
FXなど投資を身近にもっと便利にするネット証券会社

FX 外国為替証拠金取引なら|JFX
FX 外国為替証拠金取引

FXプライム|まじめにFX。
まじめにFX。